DaVinci Resolveで動画に文字(タイトル)を入れる手順-第9回

島村竜一

こんにちは 見込み客を集める予約システムの専門家の島村竜一です。

連載ブログ「DaVinci Resolve(ダビンチ・リゾルブ)」第9回になります。

島村竜一

こんにちは



今日はこれから(2019年10月9日現在)Stripe で行われる消費税対策、ならびにStripeの動向についてのセミナーに
参加してきます。


今年の暮れからStripeが色々変わるようなのでとっても楽しみです。


このブログを読んでいる方で「Stripe」をご存知でない方も多いと思います。

Stripeというのはオンライン上で決済を行うにあたって今一番メジャーとなっているシステムです。


ホームページに比較的にカンタンに導入することができ、かかる手数料は都度ごとに3%となっております。
やはり決済の流れが不便だとお客様の購入をやめてしまう可能性が高いためホームページに是非取り入れておきたいものの一つです。



ぜひビジネスをしている方は導入をされることをお勧めいたします。



では第9回をはじめます。

はじまり
はじまり。

この記事はこんな方におすすめです
  1. スマホのカンタン動画ではものたりず本格的に動画をやって見たくなった方
  2. YouTube,Facebookなどに動画広告を出稿するために動画編集ソフトを探している方

前回のまでの連載記事について

前回はDaVinci Resolve(ダビンチ・リゾルブ)の紹介をさせていただきした。
前回までの記事はこちらから読むことができます。

DaVinci Resolve Cutページの使い方-Toolの使い方第8回DaVinci Resolve Cutページの使い方-高速編集のコツ第7回DaVinci Resolve Cutページの使い方第6回DaVinci Resolveのメディアの取り込み方第5回DaVinci Resolveの基本メニューの使い方第4回DaVinci Resolveの起動とおすすめ初期設定第3回【無料】本格動画編集ソフトDaVinci Resolveのインストール方法第2回【無料】素人が安心して使えるプロが使う動画編集ソフトはDaVinci Resolve一択です。第1回

ステップ1:タイムラインに動画を配置する

まず使いたいメディアをメディアプールからデュアルタイムラインに使うメディアを移動させます。
移動の方法は使いたいメディアをクリックしてからドラッグ&ドロップすれば大丈夫ですよ。

DaVinciResolvemedaia

ステップ2:タイトルを配置する

メディアプールの左から3番目に表示されている「タイトル」をクリックしてください。
いろいろなタイトルが選択できるようになります。
DaVinciResolvemedaia

使いたい「タイトル」をクリックしてドラッグアンドドロップしてタイムラインに配置します。
配置するのはタイトルを表示させたい始まりの箇所においてください。

DaVinciResolvemedaia

島村竜一

タイトルは大きくわけて2種類あります。

Tと書かれたものと
雷マークのついたものの2種類です。


Tと書かれたものはシンプルなタイトルです。編集は「Cut」画面ですることができます。
雷マークは凝ったものができますが、「エディット」ページ、「Fusion」ページでしか編集ができません。


今回はTのテキストを使います。

ステップ3:タイトルの長さ、開始する場所を変更する

タイトルをクリックして選択してからドラッグするとタイトルの開始する場所を変更できます。
DaVinciResolvemedaia

マウスを端に持っていって下の図のように緑になった状態でドラッグすると長さの調整ができます。
タイトルの始まりをドラッグするとタイトルの開始の場所を長くしたり、短くできます。
同様に
タイトルの終わりをドラッグするとタイトルの終わりの場所を長くしたり、短くできます。

DaVinciResolvemedaia

ステップ4:タイトルの編集画面を表示する

タイムラインで編集したいタイトルをクリックしてください。
1.ビューワービューでツールアイコンをクリックしてください。
2.ツールアイコンの左端にTのマークがでるのでクリックしてください。
3.「インスペクターを開く」クリックしてください。

DaVinciResolvemedaia

ステップ5:タイトルの編集をする

ポップアップでタイトルの編集画面が表示されるので設定をしてください。
DaVinciResolvemedaia

DaVinciResolvemedaia

リッチテキスト(表示される文章、文字の色などの情報)の編集、
ドロップシャドウー(影)の編集、
ストローク(縁取り)の編集ができます。

リッチテキストの次に使用頻度の高いのがバックグラウンドです。
テロップに使用されるような薄い色を文字の下に引くことができます。

島村竜一

個人的には文字とバッググラウンドは別に作ることがおすすめです。
リッチテキストとバックグラウンドを同じ設定のなかでやると細かいレイアウトができないのでなにげに不便です。

今後の更新目次

せっかくなのでこのブログを読んでいたただいた方に一通り動画が作れるようになってほしいのでHowto記事として書いていくことにいたしました。

目次はこちらです。

島村竜一

こちらは仮の目次です。書きながら直していきます。
  1. 無料】素人が安心して使えるプロが使う動画編集ソフトはDaVinci Resolve一択です。
  2. DaVinci Resolveのインストール
  3. DaVinci Resolveの起動とおすすめ初期設定
  4. 基本操作編
  5. DaVinci Resolveのメディアの取り込み方
  6. DaVinci Resolve Cutpページの使い方第6回
  7. DaVinci Resolve Cutページの使い方-Toolの使い方第8回
  8. 動画素材をカットから編集する
  9. トランジションで動画のつなぎ目にアニメーションをいれる
  10. 音量調整
  11. ノイズリダクション
  12. 動画ファイルの出力

まとめ:タイトルもドラッグだけでポンとできあがる

さすがDaVinci Resolve(ダビンチ・リゾルブ)はプロが使っているソフトなだけあって必要な機能がちゃんと用意されているので助かります。



ここまで読んでくださってありがとうございました。
ではまた次のブログでお逢いしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)