まるでTVみたい!ライブ配信での2画面構成のやり方OBS編(FacebookLiveについてNo005)

島村竜一

こんにちは 「(仮)結果にこだわるブログ集客の専門家」の島村竜一です。

注意
いままで予約システムの専門家とくにホテル系を得意としていました。 2019年からはさらに進化してブログとインバウンド(訪日外国人旅行または訪日旅行)に勝負をかけていこうと考えています。

ただ現在のところ検討中です。 2019年04月01日(月曜日)にブログのデザインと名称を変える予定です。

この記事はこんな方にお勧めです

今 FacebookLiveがはやっているようだけどどうしたらいいのかわからない人
FacebookLiveでこれ勧めらたけど本当に価値の有るものかどうか分からなくて購入を迷っている方
どんな感じでFacebookLiveをやったらいいのかわからない人

では早速今日の記事です。 気軽に読んでくださいね。

まるでTVみたいなライブ配信がしたい

よくテレビをみていると町中の実況中継が流れることがあります。

そしてその放送を芸能人がみながらさまざまなコメントを話すことがあります。

このシーン見ている人って結構いるはずですよね。

芸能人やらきれいな女子アナが映るじゃないですか?

あの小窓のことを「ワイプ」といいます。

正しくはコーナーワイプというそうですけど。

これがあるだけ「あ」この人なんか違うと思われるはず。

そんなわけで今回はOBSを使ったワイプの作り方になります。

過去にFacebookライブについてこんな記事を書いています

あ。見たいと思われるライブ配信オープニングの作り方(FacebookLiveについてNo004) 【2019年度版】FacebookライブとOBSをつなぐ方法(FacebookLiveについてNo003) 成功するライブ放送(TV)のやり方は顔出し+〇〇が大切(FacebookLiveについてNo002) 結果にこだわるFacebookLiveをする方法(FacebookLiveについてNo001)

OBSを使うとカンタンに複数の映像を重ねることができる

10

実はカンタンにできちゃいます。

さらに人も「クロマーキー」といって人だけきりぬくこともできます。
ただそうするとパソコンのスペックを食うのでそのへんは検討しておく必要はありますね。

顔のどアップもきついし、同じアングルは。。。。

ライブ中に同じアングルが続くと飽きます。。。

ほんと。。

どんな美人でもずーーとみているとあきちゃいますよね?

だから画面はドンドン切り替えていって視聴者を飽きさないようにしていきましょう。

ではここから実際の設定画面の説明をいたします

1

1.「シーン」の+をクリックして新しい「シーン」を追加する。
2.「ソース」の+をクリックしましょう。

2

ブラウザをクリックします。

備考 今回はサンプルとして「ブラウザ」を選びました。
ただブラウザーの内容をスクロールしたい場合には動きません。。。

その場合には「映像キャプチャー」を選んでくださいね。

3

とりこむソースの名前をつけます。

4

URLに「表示したいホームページのURL」をいれてください。

そのあと「OK」をクリックします。

5

ホームページが取り込まれました。
ただ画面が小さいです。

6

表示されたホームページの右下をひっぱると画面を大きく表示できます。

7

ソースの+をクリックします。
「映像キャプチャーデバイス」を選びます。

8

新しいソースの名前をつけます。

9

デバイスでパソコンのカメラを選びます

10

バーーン。

これだけで「ワイプ」画面ができあがりました。

島村竜一

さてつぎはあなたの番です。
ためしてみてくださいね。

まとめ:ライブ配信するなら他者との差別化をしないとだめ!

島村竜一

これは大切なことですから
ぜひ!
ぜひ!
覚えてほしいのですが、
世の中にありとあらゆるマーケティングがあります。

が。。。

もっとも強力なマーケティングの一つがライブ配信になります。

これはすでにアメリカでは周知の事実です。

さらにいまほとんどのソーシャルメディアでポチッとスマホをタップするだけで
ライブ配信ができます。

でもね。。。


ただライブ配信するだけだともうこれからは埋もれてしまいます。

もうすでにライブ配信でのパイの奪い合いは始まっています。


ぜひ他者と圧倒的な差別化をしてください。
OBSを使って今回ご紹介したようなテクニックを使うとそれだけで一味違った映像が撮れ差別化につながります。

島村竜一

あなたの活躍を楽しみにしています。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

ではまた次のブログでお逢いしましょう。

この記事が気に入ったら
ぜひいいねをお願いしますね。

Twitter で
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)