たったこれだけ!ライバルを知るところから差別化はできる!

島村竜一

こんにちは やさしい集客の島村竜一です。

ビジネスをするにあたってライバルを知ることはとても大切です。

ライバルを知るってなんか難しそうとおもっていませんか?

そんな悩みを一瞬で解決できる方法があります。

今回はライバルを調査する方法をご紹介します。

やっていますか?キワード調査


Googleの検索窓にあなたのビジネスのキワードをいれて調べる。

ただそれだけですけど。やっていな人がけっこういますのでお薦めです。

インターネット上でのライバルといういうことはGoogleであなたのビジネスのキーワードで検索したときに必ずひっかかってくるということです。

例えばアロマ セラピーと検索してみましょう

アロマ

ここで広告とついているものはランディングページになります。
お客様のランディングページを作成するときにはひたすらここをチェックします。

お客様の声はどうなっているのか?

無料プレゼントはあるのか?

キャッチコピーはどうなっているのか?

ヘッド画像はどうなっているのか?

etc…

などをひらすら
エクセルに書き出しておきます。

人の記憶はあてにならないので必ずメモをすることをおススします。

アロマ

ブログを書くときにはタイトルの書き方、descriptionの書き方などこれも必ずエクセルにメモをします。

注意事項として間違ってもそのまま使っては著作権違反になるので参考にするだけにしましょうね。

まとめ:インターネットビジネスのコツは後出しじゃんけん!

インターネットビジネスのコツは
後出しじゃんけん
だと考えいます。

今の世の中は成熟時代。どの分野にも先駆者いわゆるライバルはいます。

そのライバルとどう差別化をするのかがこれからは大切になってきます。
やっているようでやっていないライバル調査をするだけで変わってきますので
ぜひブログなりランディングページを作るときには必ずやっておいたほうがいいですね。

いかがでしたか?
今回は「ライバルを調査するためのGoogleの使い方」についてご紹介しました。
これできっとライバルとの差別化もすることができます。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

島村竜一

やさしいWEB集客の島村竜一でした。

では次のブログでお逢いしましょう。

この記事が気に入ったら
ぜひいいねをお願いしますね。

Twitter で
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)