【オススメ読書本:1冊目】「肌のきれいな人がやっていること、いないこと ~月1万人を診る人気皮膚科医が自分の肌で試した本物の美肌法(菅原 由香子)

【オススメ読書本:1冊目】「肌のきれいな人がやっていること、いないこと ~月1万人を診る人気皮膚科医が自分の肌で試した本物の美肌法(菅原 由香子)

常日頃現場にたち皮膚科医の皮膚科医のかたが自らの肌に悩み苦しみ体をはった結果、
ご自身の肌で実証されそれが評価されて、なんと東北岩手県一関市のクリックには月に一万人ものの肌のお悩みに苦しむ女性が訪れています。

最新の薬を使うのではなく、やってはいけないことを避けるまずは守りの手法から教えてくれる一冊です。

書籍情報

【書籍名】肌のきれいな人がやっていること、いないこと ~月1万人を診る人気皮膚科医が自分の肌で試した本物の美肌法
【著者名】菅原 由香子
【単行本】(ソフトカバー): 182ページ
【出版社】 あさ出版 (2014/11/17)
【言語】 日本語
【ISBN-10】 4860637348
【ISBN-13】 978-4860637347
【発売日】 2014/11/17

      肌のきれいな人がやっているスキンケア(洗顔の仕方ひとつでお肌はきれいになるシャンプーの仕方もコツがある ほか)
      美肌のために何を使ったらいい?(クレンジングには天然のオイルを石けんのチョイスはここを見て ほか)
      食べ物が美肌をつくる(肌にとって大事なふたつのこと酵素を摂取する ほか)
      美肌のために避けたいこと(肌荒れの原因はここにある!化粧品には有害物質がいっぱい ほか)
      ケーススタディ肌荒れ克服への道(化粧品が肌に合わなかったA子さん(34歳・銀行員)かゆみが出たB子さん(38歳・ピアノの先生) ほか)

本書を読んだきっかけ

ちょっと美肌なんてと思っていましたが、フト今回気になりてにとってみました。

菅原由香子

 

実はもうすぐブック記者会見のゲストに菅原さんがおいでになるということで(ぜひ来てくださいね。著者である菅原 由香子さんに逢えますよ。ぜひぜひ)

ブック記者会見に菅原 由香子さんがおいでになるのは
2015年3月28日(土)10:30~13:30

場所はこちら
■ラジオ放送局■
東京都江東区のオフィシャル放送局であるレインボータウンFMラジオ(79.2MHz)

お申し込みはこちらから。著者本人と楽しいランチをして質問もできますよ。
http://ameblo.jp/bkkshkk/

実際に本を読んで疑問に思ったこと質問してみたいことがいっぱいあるはず、著者本人にあるのでこういう機会は
ドンドン参加すると楽しいですよ。

1分間紹介文

薬局にいけばよりどりみどりの良さげな化粧品。

でもそれって本当にいいのでしょうか?

実は危険な化粧品があるってご存知ですか?

大人気の化粧品!!

実は

皮膚にテープやビニールを貼ると、ピーンと貼ってつるつるに見えますね。それと同じです。お顔に合成ポリマーを貼るとシワが伸びて、ツヤツヤしように見えるのです。合成界活性剤で実際はお肌へのダメージが進んでいても、表面を合成ポリマーで覆うことで、あたかもお肌が綺麗になったように感じているのです。

これ以外に菅原さん自身が実際にご自身で作られている手作り化粧品の作り方などが書かれています。

お気に入りの言葉

化粧品を使っている男性のあのツヤは、お顔にビニールを貼っているニセモノのツヤだと認識しましょう。

ガーーーーン

本物の男になるために気をつけましょう。

広告に踊らせられないという気持ちは
とても
とても
大切ですね。

実践編

プチ断食が気になっていて4月から始めてみようと思います。

3日間基本的に生野菜と果物だけ食べる生活にするのです。

一ヶ月に一回だけやることを続けてみようと思います。

髪の毛は無添加石鹸で洗うことが肌によいそうなので菅原さんを信じてやっていきます。

じつはもう手遅れ?!!

信じるものは救われるという言葉の通り菅原さんを信じてみます。

一ヶ月後が楽しみです。

菅原 由香さんがおいでになるブック記者会見の詳細はこちらでみれます。
2015年3月28日(土)10:30~13:30

場所はこちら
■ラジオ放送局■
東京都江東区のオフィシャル放送局であるレインボータウンFMラジオ(79.2MHz)

お申し込みはこちらから。著者本人と楽しいランチをして質問もできますよ。
http://ameblo.jp/bkkshkk/

編集後記

毎日一冊づつ本を読むのを今日課としています。

一週間に一回その読んだ本を紹介することをはじめました。

あなたのお役に立てたらうれしいです。

これからもよろしくお願いします。

WEB解析士
島村竜一

ここまで読んでくださってありがとうございます。

この記事が気に入ったら
ぜひいいねをお願いしますね。

Twitter で
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)