動画初心者向け-魅せるテロップをつけるときに考えないといけない3+2のコツ

スマホ動画発信にこだわり質が悪い動画を発信してしまいました

島村竜一

動画の時代だからやっぱり動画発信!!いやYouTube発信をしなくては。

島村竜一

よーし。つづけることができたぞ!!
女王様
ちょっとこれは見づらいぞ。いかにもただスマホで撮りました。という感じになっていない?
女王様
今の時代ただスマホで撮りましたという動画じゃだれも見てくれないわよ。

島村竜一

ガクン。。。

島村竜一

というわけで動画の撮り方/編集のしかたを大幅に見直しました。

島村竜一

今回は「テロップ編」。

島村竜一

だいして
人に観てもらえるテロップの作り方になります。

人に観てもらえるテロップ動画をつくるには5つのルールがありました

こういうときは
できる人に教わるのが一番です。

なだたる有名なYouTuberの動画をみてみると

俺、ライザップの大会に出ます!___ボディメイクグランプリ_2018_-_YouTube.jpg
瀬戸弘司さん

島村竜一

楽しい動画でいつもみています。

【拡散希望】ヒカキンと一緒に西日本豪雨の被災地に募金しませんか?_-_YouTube.jpg
ヒカキンさん

島村竜一

率先して自ら募金をされるのはすばらしいですね。

このお二人だけでなくさまざまなYouTuberの動画を拝見させていただいて
5つのルールがあることに気づきました。

私もとりいれてみたのでぜひあなたも試してみてくださいね。

その1:テロップにつけるフォントは見てもらえる人を意識して選びましょう


フォントはやっぱり大切です。
選ぶフォントの種類によってイメージが浮かびます。

こちらのサイトをみるとYouTuberの方々はやっぱりフォントにこだわっていますね。
参考 YouTuberが使っているフリーフォントは?オススメのフォントをまとめてみたYoutuber Hack

フォントの種類も大切ですし、その太さ、細さによって印象がかなり変わってくるのでフォント選びはとても大切です。

このとき大切なことは自分の好きなフォントでなくて観てほしい人を意識したフォントを選ぶことをおすすめします。

自分が好きだからではなくておもてなしの精神をもってフォントを選びましょう。

私が今回選んだフォントは

「やさしさアンチック」
http://www.fontna.com/
になります。

もともと漫画に使われていたフォントのようで漫画世代の人達に読みやすいフォントということで今回選ばせていただきました。

「やさしさアンチック」を作っていただいた作者の方ありがとうございます。
大切に使わせていただきます。

どんなフォントがいいのだろうかと迷われた方はこういったサイトでフォント選ぶことができるのでぜひみてくださいね。

参考 FONT FREEEFONT FREEE

その2:文字に縁取りをつけましょう

YouTuberの方々をみてみるとアピールしたい言葉に縁取りをつけています。

アピールしたい言葉などにはやはり縁取りをキチンとつけてあげることがいいですね。

ただすべてのフォントに縁取りをつけてあげる必要はないと考えています。
今回このページに使用したアイキャッチ画像には縁取りをつけていません。

すべてのフォントに縁取りをつけるとうざくなります。

「え」などの擬音には縁取りをつけるのがいいですよね。

その3:テロップに動き(エフェクト)をつけましょう

テロップをただそのままだすだけなくて「ポン」と動きをつけてあげると視聴者の方にも楽しめる動画になります。
こちら今回のお話を動画にまとめてみましたので実際にみてくださいね。

その4:テロップをだしたあと4秒以上は表示しましょう

あまり長い文章をだしても人はすぐには理解できません。

4秒以上は表示しましょう。

その5:文字の後ろにテロップベースをつけましょう

TVのニュースなどみるとテロップは白い板のようなものの上に文字が書かれていますよね?

あれをテロップベースと言います。

テロップベースを文字を目立たせて認識しやすくしたり、映像を豪華にすることが可能です。

ぜひ取り入れてみてくださいね。

まとめ:観てもらう動画にはおもてなしの精神が必要

ひと昔前スマホでただ撮ってスマホで自分をブランディングしようという考えがありました。

島村竜一

もういまではその考え方は通用しないという話があります。

動画のなかでもいいましたがやはり量より質です。

YouTuberの認知度がすすむにつれYouberとは質の高い情報、映像をみせるという認識が人々にできています。

TOP YouTuberの人たちはきちんとみてもらうための努力をみんなしているということです。

おもてなしの精神ってやはり大切ですよね。

これからYoTubeを始める方はテロップにかぎらずにおもてなしの精神をもって取り組むことをおすすめします。

追伸:島村竜一がスマホで動画発信を始めたわけ

なんでいまさら動画なんてはじめたのと聞かれたので
あえてここでお話を。

動画専門の専門家になろうとは考えてはいないです。

島村はお客様に集客の一つとしてYouTubeを勧めています。

ただ
自分がお客様の立場だったら、
「自分がやってもいないことをさも知っているように教える人」
「販売されている教材もしくは書籍をただ教える人」
に教わりたいだろうかということです。


自分だったら、実際にやっている人から経験の裏付けをもってアドバイスをもらいたいと感じたのです。

さらに
自分も含めて忙しいので今


今10分撮影、30分編集を目指しています。
そうでないとものぐさな自分は続けることができません。

やらないとわからない面もあるので日々改善です。

(独り言)30分編集が今オーバー気味なので改善中です。

今回のお話を動画にまとめてみました

今回のお話をYouTubeにまとめてみました。
是非見てくださいね。

ここまで読んでくださってありがとうございました。
やさしいWEB集客の島村竜一です

この記事が気に入ったら
ぜひいいねをお願いしますね。

Twitter で
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)