通信講座(会員サイト)を始めるメリットそして究極の通信講座とは

島村竜一

こんにちは

「講師が稼ぐためのメルマガ専門家」の島村竜一です。

ここのところ仕事が
マーケティングオートメーションのMautic,Hubspotを使った売れる仕組みづくりと
会員サイト構築の案件の両方をいただいています。

ちょっとマーケティングオートメーションの勉強ははお休みして
しばらく会員サイト構築と運用サポートにまわるため知識と技術を勉強しなおしています。

会員サイトも時代にあわせた作り方、コンテンツの作り方が要求されてきます。

今回は通信講座(会員制サイト)を始める4つのメリットと究極の通信講座についてお話をさせていただきます。

この記事はこんな方におすすめです

  1. セミナーを開くたびに毎回毎回しんどい思いをしている講師の方
  2. 通信講座(会員サイト)をやるメリットを知りたい方

通信講座(会員制サイト)の4つメリットと究極の通信講座

今回通信講座(会員制サイト)をなぜやるべきかを

「講師業・フリーランスで食べていくならまず「通信講座をつくりなさい!」


を読んでみて自分なりの意見をまとめてみました。

メリット1:自分がヘトヘトに働かなくても良くなるようになります

僕にこの会員サイトをやりたいと相談しに来られる方はこの相談がとても多いです。

いまや時代は圧倒的な人手不足。

働けばお金にはなります。

ただいつまでも馬車馬のように働いていてはヘトヘトに疲れてしまいます。

通信講座(会員制サイト)は一回作ってしまえば使い回しがききます。


自分自身の稼働時間を減らすことができるので他のことができるようになるのがメリットですね。

メリット2:クオリティの担保ができる

毎回毎回最高のセミナーを届けることはなかなか難しいものです。


「講師業・フリーランスで食べていくならまず「通信講座をつくりなさい!」


でも書かれていますが会員サイトと似たビジネスで「協会ビジネス」があります。

でもこれが本当に難しい。
せっかく育てた講師がいなくなってしまったり、
集客ができないとケースが本当に多いです。

協会ビジネスは人に依存する要素が非常に強いので失敗しやすいのではないかと思っています。

その点、会員サイトならば最高の動画を提供すれば最高のクオリティを提供できます。
もし、時代にあわなくなったとしても撮り直して会員サイトにあげなおせばいいだけです。

メリット3:セミナーより圧倒的に利益率が高い

セミナールームを用意するコストや、
物理的に講師が移動し、登壇しなくてはならないコストなどを
考えると、得てして通学制は利益率が低くなる傾向にあります。

ある統計によれば、通学制スクールの粗利益率は平均で40%
から50%.

それに対して、通信講座(会員制サイト)は、そのやり方によっては、
80%以上の粗利益率をあげることも、不可能ではありません。

引用ー

「講師業・フリーランスで食べていくならまず「通信講座をつくりなさい!」

どうしてもセミナーの場合リアルに場所を取るためにお金がかかります。

その点通信講座(会員制サイト)ならバーチャル空間でやるために利益率が高くなります。

メリット4:いままで売ることができなかった人達に売ることができるようにある

セミナーだとどうしても参加できる日が限られてきます。
また天候などによっても参加できなくなることもあります。

遠い場所だとなかなか参加するのも厳しいこともあります。

その点通信講座(会員制サイト)ならばいつでも、どこでも参加できるので便利ですよね。

究極の通信講座とは成果保証型である

ありとあらゆるビジネスが今サービス業となってきています。
また使い古された言葉になりますが顧客目線というキーワードもビジネスを考える上でとても大切になってきています。

最近では、
「いかなる理由でも、納得できなければ、30日間であれば全額を返金」
という制度を実施しているようです。

このように、成果や満足度を保証してくれる講座は、
単なる教材とは圧倒的に別のものとして、顧客に歓迎されます。

引用ー

「講師業・フリーランスで食べていくならまず「通信講座をつくりなさい!」

今会員サイト作るためのWordPressのPluginを買っていますが
「30日間返金保証のボタンを作る」機能が標準でついていたりします。

また有料のWordPressのPluginはほぼ返金保証がついています。

島村竜一

この返金保証も通信講座(会員制サイト)を作る時に実装の有無をかんがえてみるといいですね。

まとめ:通信講座(会員制サイト)戦国時代に突入するいまだからこそ顧客目線が大切です

もうそろそろ5Gの導入が目前に迫ってきました。

動画が本当に見やすい時代になってきたと言えます。


またUdemy
https://www.udemy.com/


TechAcademyといった通信講座サイトもかなり増えてきました。
https://techacademy.jp/

島村竜一

私もけっこうこのあたりの講座を買って自分に取り入れています

いまからやるとしたらただ通信講座(会員制サイト)をやるだけでは生き残っていけません。
どんなビジネスでもそうですが顧客目線が必要になってきます。

つい最近尊敬する松原潤一さんが別の話題で顧客目線ができる人がいいというお話をされていました。
https://junichi-manga.com/



やはりビジネスは突き詰めていくとそこにぶつかります。
どんなビジネスにおいて相手に顧客目線、メリットといったことが大切になってきます。

これからますます将来性が見えなくなり、正社員でいるのもかなり厳しい時代です。

当然お客様の財布の紐もかたくなります。


今回は通信講座(会員制サイト)を始めるメリットを書かせていただきましたが
だからといっていきなり会員サイトをはじめて決してうまくは行きません。


視点として単なる教材ではなく相手に結果をコミットできる通信講座が大切になってきます。


ここまで読んでくださってありがとうございました。
ではまた次のブログでお逢いしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)