Stripeと連携するお客様のサポートサイトを作ってみました。byWordPress

島村竜一

こんにちは

「見込み客を集める予約システムの専門家」から

「見込み客を集めるステップメールとマーケティングオートメーションの専門家」 を目指している島村竜一です。

島村竜一

今回初のアドベントカレンダー(Adventar)に参加することになりました。


アドベントカレンダーをご存知ですか?

外国では12月1日から24日のクリスマスまでの日付に穴をあけることができるアドベントカレンダーというものがあるそうです。
日付の部分にお菓子やらフィギアなどがはいっていて穴をあけるとそれがゲットできる仕組みです。

AdventarはアドベントカレンダーのWEBサービス版になります。
年末になると12月1日から25日まで参加者が一日ずつ毎日ブログを書いて投稿していくサイトです。

日本ではおもに流行りのWEBサービスが利用しています。

今回はぼくがとてもお世話になってるStripeのアドベントカレンダーに参加させていただけることになりました。

この記事はこんな方におすすめです

  1. WordPressでの会員サイトを作ってみたい方
  2. Stripe決算が気になる方

このブログはJP_Stripes Advent Calendar 2019 の19日目のブログです

参考 JP_Stripes Advent Calendar 2019Advent Calendar

https://adventar.org/calendars/4333

島村竜一

初のアドベントカレンダーに参加記事なのでちょっと緊張しています。。(汗)

Stripe様のおかげでお客様のホームページをリリースさせていただきました

なんとか今年も無事一年を終えることができそうです。
それもStripe様のおかげだと深く感謝しています。


ホテル、ペンションなどの予約システムにStripeを採用させていただき、
個人のセミナーなどの予約システムにもStripeを採用させていただきました。


おかげさまで無事案件が終わりそうで2019年を終えることができそうです。

Stripeってなに?Stirpeっておいしいの?

このブログを読んでいる方にStripeってなんだろうと思っている方も多いと思います。

ちょっとここでStripeの説明をさせてくださいね。


Stripeというのは大雑把にいってしまうと
オンライン上での決済ができるようになる

プラットフォームになります。

今話題のサブスクリプションにも標準対応しています。

小難しいプログラミングをしてなくてもサブスクリプションいわゆる月額課金の仕組みが作れるので
イチオシの決済システムです。

仕事というものはなにかをした対価としてお金をうけとるものになります。
ただいままではオンラインでお金を受け渡しというとなかなか怖くてできなかったということがあります。


でもこのStripeのおかげでスムーズにオンライン上でもお金の受け渡しができるようになってきました。

正直今さまざまな新しいビジネスの立ち上がりが早くなっているのはこのStripeがバックグラウンドで動いているおかげです。
Stripeに感謝ですね。


ちょっとStripeに興味が湧いてきたという方は
JP_Stripes Advent Calendar 2019に参加されているこちらのブログが参考になりますので読まれることをお勧めいたします。


3年目のシマシマ団、3つのProgress
http://stilldayone.hatenablog.jp/entry/JP_Stripes_3years



壺買う!? Stripeを導入して壺を売ろう!
https://blog.gti.jp/post-14729/?fbclid=IwAR3TShk5hzFELAxiK9njCoNhry4Ge2Y8JXrG1-




Stripe入社1年、好きな自社プロダクトについて熱く語ってみる!
https://note.com/sol_fuki/n/n5ffd267d92e0?fbclid=IwAR0u_4ubHrZwzuEFT2MEo0JzjoKfG1fEZqoGHklPdz59i5A9FpKrRE9Jsas




Backlog World 2020 参加申込開始!
https://blog.gti.jp/post-14722/?fbclid=IwAR1g2cnDlDjkCweh-5DqeFX0O0RF0wUkse8hJ8Zz5vGwL1FEVnreHgq9Nhs



Stripeとfreeeの連携について
https://note.com/abeai/n/n5d4e84755458?fbclid=IwAR1kIQOeM8bAyDgndksLoUvE_6zSCQauuDdWF-phWT88iGkmg9QkUrbkyiw




[ STRIPE ] STRIPE CLI を DOCKER で試してみた

https://developer.leap-arrows.jp/2019/12/07/115505-stripe-cli-docker-try.html?fbclid=IwAR1QKHnTM25-vPGuibyuDbSV_iTXKlWwcKTZjnuBl9O7n72jyvL672B6t9c

その悩み、オーソリ(仮売上)で解決できるかも – Stripeではじめるオーソリ導入ガイド
https://tech.kitchhike.com/entry/stripe-authorization

リピーターを増やすためにもサポートサイトは大切です

さてさていよいよ本題に入っていきます。

一昔前とかわり、売りっぱなし、売ったら終わりの時代は終了しています。
売った後から本当の始まり。そのためにもサポートをきちんとするようにしています。

よく集客にはこれが効くなんて魔法の杖みたいなものが現れます。

が、そんなことをやるよりはリピーターを増やす努力をしたほうがはるかにいいです。
このあたりを話始めると脱線しはじめるのですがこのリピーターを増やすということはとても大切なのでサポートをどうするのかはホント考えたほうがいいです。



今回新しくお付き合いの始まった会社様とのお付き合いが始まるにあたりサポートの一環として
WordPressでサポート用の会員サイトを作りました。

作成に使ったPluginをご紹介いたします。

Stripe決済ならおすすめ:Paid Membership pro


https://ja.wordpress.org/plugins/paid-memberships-pro/

会員制サイトを作る時にStripe決済を行うことができます。
またユーザのレベルをわけることができます。

一般的には
レベル1のユーザーには初級コース、
レベル2のユーザには初級コースと上級コースのコンテンツを見せるといったことができます。

学習塾用ホームページを作るなら:Sensei


https://woocommerce.com/products/sensei/



今回はじめてSenseiというPluginを使いました。


絶対にSenseiという名前から開発に日本人が関わっていますよね。
思わずニヤッと笑ってしまいました。


一言でいうと学習塾のようなサイトを作るに適したプラグインになります。


ログインしたユーザに動画を見せる。
ユーザに試験を行う。
動画を全部見終わったユーザには修了証明書を発行することができます。

この動画を見ることができるようになるということが大切です。
今回でいうと一人ひとりにSlackの説明をしたら大変です。

こういうときにSlackの導入動画があると便利なので重宝しています。

Slack教室

今回とある企業様のSlack,Gmailなどの導入/運用をサポートすることになりましたので使い方の動画を作成して会員には見れるようにいたしました。

掲示板を作るなら定番中の定番:bbPress


https://ja.wordpress.org/plugins/bbpress/



「bbPress」知っている人は知っている
WordPressの定番の掲示板ソフト
になります。


会員の方の質問事項を受付するのに使う予定です。
Bbpress

こんな感じの画面になります。


日本語化はぼちぼちやっていく予定です。

bbPressと一緒に使ってソーシャルメディアが作れる:BudyPress


https://ja.wordpress.org/plugins/buddypress/

「buddypress」はbbPressと一緒に使われることが多いソフトです。
「bbPress」は掲示板ならこちらはタイムラインが作れます。


「buddypress」と「bbPress」で実はFacebookのようなコミュニティサイトができます。
会員制サイトを作るならこの2つがあるととっても便利です。

まとめ:StirpeとちょっとしたPluginがあるだけで会員サイトがすぐ作れる

今年一年本当にStripe様に本当にお世話になりました。

Stripe経験があるだけで(ただ単純にStripeでのトラブルが多いだけかもしれませんが。。あ。別にStripe様が悪いのではなく自分のスキルが低かっただけです。)仕事をいただけたりしております。


来年からはStripeを利用した新しいサービスなどにドンドンとチャレンジしています。


ほんと。Stripe様に足をあげて寝ることができません。

では来年もStripeとともにいきます。


今後ともよろしくおねがいします。

ここまで読んでくださってありがとうございました。
ではまた次のブログでお逢いしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)