【選ばれたい人必見!】選ばれる専門家になるためにもっともっとトンガることが大切です。

専門家が世の中に実はいっぱい溢れかえっている

仏様
はあ。どうしたらいいのだろう。。
島村竜一
どうしたの?
仏様
せっかく税理士の資格を取ったのになかなか仕事に結びつかないですよ。このままじゃ飢え死にしちゃいますよ。
島村竜一
そんなせっかく税理士の資格を取ったのに勿体無い。
仏様
ブランド力を磨くために出版を勧められたけど出版すれば本当にお客さんがつくようになるかな。。
島村竜一
いやいや一日に何冊新しい本が出ているか?ご存知ですか?
仏様
いや?
島村竜一
一日平均200冊です。
仏様
ええええ?
島村竜一
数年前と異なり本をたとえ出版したとしてもそれだけではなかなか食ってはいけません。
島村竜一
もっともっとトンがることが大切ですよ。
仏様
トンがる?何それ?

一歩突っ込んだ専門分野を見せて出逢う人を惹きつけろ!!

島村竜一
ターゲットを明確にするという点では、自己紹介はとても大切です。

あなたやあなたの会社名、

肩書き、

もっとも大切なのは

「何をやっている人なのか?」
「この人と付き合ってどんなメリットがあるのか?」

そこを一発でわかるようにしないといけません。

今や

税理士、

弁護士

など士業の肩書きを持ちながら仕事にあぶれている人達は
たくさんいます。

そんな時代に「税理士のマルマルがお伝えする」だけでは不十分です。

税理士といっても扱うジャンルはいろいろです。

ただ税理士といってもダメですよね。

例えばこんな例はいかがでしょうか?

税理士のマルマルがお伝えする・・・・・

ではなく

離婚と風俗専門で1000組の問題を解決してきた税理士

スイィーツECショップ
ではなく
食べても食べても太らないスィーツを取り扱っているほっぺが落ちちゃうECショップ

注意:この例はどちらかがいただいた名刺を元に例としてあげています。

YouTubeで語ってみました。

せっかくなのでYouTubeで話してみたのでよかったらご覧くださいね。

【選ばれたい人必見!】選ばれる専門家になるためにもっともっとトンガることが大切です。

まとめ:選ばれる専門家になるためにとんがることはブランディングにつながります

「自分が何者であるのか?」

「この人と付きあうとどんなメリットがあるのか?」

を伝えるのは、あなたやあなたの会社のブランディングにも関わる部分なので、
じっくりと考えていってくださいね。

P.S
一人ブログマラソン再開しました。
毎日更新はとても無理と判断して
平日毎日更新に切り替えました。

今日は一日目です。

この記事が気に入ったら
ぜひいいねをお願いしますね。

Twitter で