【クラウドファンディング】男の夢?おっぱいマウスパッド!失敗事例から学ぶ成功方法を見つけ出すPart1

クラウドファンディングでの失敗ってどんなものがあるの?

人生発のクラウドファンディングにむけて準備中の島村竜一です。

といっても自分はバックにいる感じで他の人の
クラウドファンディングをサポートする感じになります。

前回にひきつづいてクラウドファンディングのブログになります。

前回のブログはこちらです。

【クラウドファンディング】はじめての人こそ知ってほしい成功に導くクラウドファンディングの種類

さてなんとしても最初に行うクラウドファンディングということで
さまざまな失敗事例を調べています。

もちろん「クラウドファンディング」をはじめても必ず成功することなどありません。

せっかくはじめてはみたけれど失敗してしまったプロジェクトも数多く存在します。

今回クラウドファンディングの書籍などでもよく取り上げられている
最初にお金が集まらないと駄目になるについて取り上げてみました。

クラウドファンディング最初に20%を超えるお金が集まらないと実は失敗する!

クラウドファンディングって祭りです。

祭りって賑わいがないとやっぱりだめです。

クラウドファンディングの開始時に20%を超えるお金が集まらないと失敗すると言われています。

そりゃあそうですよね。

こんなに人が集まっているんだ。

じゃ俺も私も参加しようと思う人達がいます。

そのためにもプロジェクト開始前にあらかじめ参加してくれそうな人に声をかけていくことも大切なことです。

実例:アイディアは良かった「おっぱいマウスパッド」は実現ならず

おめでとう、おっぱいマウスパッドは進化した! 「おっぱいコントローラー」が開発されているぞー!
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1407/28/news061.html

なんじゃこれはとはじめは思いましたが
YouTube動画をもしっかり作り込み

技術的にもしっかりとしたもの。

しかも「itmedia」にも告知されYouTubeの再生回数はなんと視聴回数 22,063 回!
(2018年1月26日現在)

がっかり

ですがプロジェクト成立ならず!

クー

男の夢はここに潰えたのかという感じもありますが。

実際のところ目標額1500万円に対し6万円だったそうです。

えええ。これだけ仕掛けをしてこれはないですよね。

このプロジェクトオーナー opctrl氏はこう振り返っています。

「話題を呼んだのはいいのですが、それだけではお金が集まりませんでした。
たぶん最初に100万円ぐらい入れてくれる仲間をつくっておけば、勢いも出て成功したと思うのですが。。。。」

クラウドファンディングで資金調達!

備考

さらにこのプロジェクトを掲載していた「Anipipo」というクラウドファンディング会社もいまや倒産しています。
別にこのプロジェクトのせいではないですがクラウドファンディング会社自体もいまや淘汰されています。
日本には以前は100社ほどクラウドファンディング会社はあったそうですがなかなか生き残るのが厳しいようです。

まとめ:なにごとも準備が8割!クラウドファンディングをする前には準備が大切です

クラウドファンディングで支援する人は
「このプロジェクト、お金を入れるのはいいけど本当に実現できるの?」
という不安を多かれ少なかれ持っています。

引用:クラウドファンディングで資金調達!

せっかくみんなの応援を受けたならなんとしてもクラウドファンディングは成功させたいものです。

支援してくれた人も成功できなかった場合には
ガッカリしてしまいます。

何事も準備が8割といわれています!

クラウドファンディングを始める前にはしっかりと準備をして。

クラウドファンディング会社の人に
一ヶ月は準備期間としてもっておいたほうがいいと言われました。

その準備期間の間にあらかじめ支援してくれる人に告知をしておくのはとても大切なことです。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

小さなお店を3つの力(ブログ,Youtube,Facebook広告)を組み合わせて
初心者でも売る力をグングン伸ばす島村竜一です。

この記事が気に入ったら
ぜひいいねをお願いしますね。

Twitter で
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)