[書評]人生は勉強より世渡り力だ。

ぼくが元気がないときによく読む本。
技術者としての心をふるわせてくれる一冊です。


典型的な職人ってのは、ものも言わない、人付き合いもしないで、ただただそんな職人ばっかりだったし、いい物だって少ないくないよ。でも俺はそうじゃない。自分から人の中に入っていくし、しゃべりにだって自信がある。うちの社員なんか「しゃべりすぎじゃないか」って心配するほどだよ。

いい物作っただけでは絶対にダメ。人とふれあい。
人から情報を仕入れ、必要な事だと教えてくれます

仕事を成功させたいんだったら、しゃべらなきゃダメだよ。人づきあいをうまくこなさないようじゃ、信用だってしてもらえないし、かわいがってももらえないね。

人付き合いは本当に大事ですね。

なんとかお金をかけないで情報を得ようと考えるから、最高の情報源である人間にそっぱをむかれちまうんだよ。人間を大切にする。大切にするためのお金は惜しまない。それが世渡り力の原点だな。

すべての原点は人にあり、ネットに本当の情報はないのではと思っている今日この頃なので
必要ならば何処にでも行くネットワークは持っておかないとだめですね。

職人はつくったモノが何よりの履歴書だ。

これが大事。
なによりも揺るぎない事ですから。

勝手に向こうから入ってくる情報は、 たいがい当てにならねぇもんだってことは、 知っといたほうがいいよ

人からものをもらったときは「倍返し」するといい。

2013年の流行語大賞になるような言葉が書かれていますが、
この書籍のほうがさきです。

技術だけでは決してダメ、人と付き合い、
人から情報をもらい先の先をいく
大事な事ですね。

この書籍の言葉を大事に頑張っていきます。

この記事が気に入ったら
ぜひいいねをお願いしますね。

Twitter で