「2016年4月」の記事一覧

すぐ試せるWordPressカンタン君のデモ環境を作りました

開発

WordPressカンタン君とは ホームページ作成ソフトのバイブルとも言える WordPress. でもうまくいっている人ってなかなかいないように感じます。 海外のBeaver Builder Pluginをベースに開発をすすめ だれでもワープロのようにWordPressに デザイン/機能を追加することができます。 これさえあればいままでの悩みが スーっっと嘘のように消えてくれるので WordPressに悩む時間がグッと減って もっと他のことに時間が使えるようになります。 使っていただいている人がもっと幸せになって くれることを願って作りました。 今回はすぐ使って試せるデモ環境をご用意いたしました。 デモ環境は賢威7.0のWordPress のテーマを使っています。 デモ環境は賢威ですが、賢威でないテーマも もちろん動くので安心してくださいね。 今すぐ試せるデモ環境はこちらから ブラウザーを起動します。 起動した後下記のURLに移動してくださいね。 デモ環境 http://goodsystem.jp/sample-sakusaku/wp-login.php 下記のデモ環境に移動したらユーザ名とパスワードを入力してください。 ユーザ名 testuser パスワード testpassword 入力したあとは「ログイン」をクリックしてくださいね。 画面が管理画面に移動したら、固定ページをクリックしてくださいね。 新規追加をクリックしてくださいね。 画面の先のWordPressカンタン君をクリックしてくださいね。 これでWordPressカンタン君の起動ができました。 起動後テンプレートを使わない場合にはキャンセルをクリックしてくださいね。 赤い枠で囲った範囲がWardPressカンタン君の操作メニューになります。 この後の操作については下記の記事が参考になります。 ぜひ読んでみてくださいね。 T音痴の私でもできた!プラグラミングなしでWordPressのデザインができるなんて -無料で使えるBeaverBuilderpluginを使ってみました。-前編 IT音痴の私でもできた!プラグラミングなしでWordPressのデザインができるなんて-無料で使えるBeaverBuilderpluginを使ってみました。-前編 まとめ:まずは試してみたいそういう方にはモニター版もあります デモ環境を実際に使っていただくと 「え?こんなにカンタンなの?」と驚かれるかもしれません。 もし操作が分からないときには WordPressカンタン君のよくある質問 WordPressカンタン君のよくある質問 をみてくださいね。 購入を迷われている方はこの下の メルマガ登録画面に登録していただくとモニター版を 無料で手に入れることができます。 ぜひ試してみてくださいね。

【開発完了】WordPressカンタン君開発完了報告

開発

みんなが使っていて初めては見たものの挫折した人があまりに多いのがWordPress。 自分のビジネスを成功させたい。 でもWordPressを覚えている暇はない それが現実ではないでしょうか? そんな悩みをお持ちの方におすすめしたいのが WordPressカンタン君. 覚えればWordPressでいろいろできるけど、 大人になればなるほど覚える時間なんて なかなか取れません。 そんな方におすすめです。 リリースできるようになったので その内容をここに公開します。 デザインのテンプレートが揃っています あらじかめ使用頻度の高いデザインテンプレートが 揃っていますので「WordPressカンタン君」を お持ちのWordPressにインストールする だけで素敵なデザインにさしかえることができます。 またデザインテンプレートに関しても これから追加していくので要望があれば どんどんリクエストしてくださいね。 ドラッグ&ドラッグでデザインの修正ができます テンプレートをそのまま使ってもらっても OKなのですが、 自分なりにアレンジしたい場合にはマウスで 動かすだけでカンタンにデザインを修正することができます。 またよく使うパーツなどもテンプレート登録できるので ランディングページの作成にも便利です。 よくある機能もカンタン追加 お問い合わせフォーム ボタン 写真 それ以外にも様々機能がプログラムなしで追加できますので 楽にあなたのWordPressのホームページに 機能の追加ができます。 まとめ:だれでもカンタンにインターネットビジネスを始めるために WordPressカンタン君は、 WordPressをインストールしてみたけどよく分からない。 覚えることがいっぱいで挫折した そんなあなたのために開発をしました。 これがあればだれでもプログラムを覚えずに 好きなデザイン、機能の追加ができるようになります。 WordPressのどんなテーマにも組み込むことができるので 安心して使うことができます。 ホームページ上で近日中に発売を開始するので それまでお待ちくださいね。 デモ環境も用意しているので実際に試してみることができます。 今後も使っていただいたユーザの方の 声を元に進化を続けていきます。 これからも宜しくお願いします。 島村竜一

【Facebook広告初心者専用】Facebook広告からランディングページへ誘導する広告とは!

稼ぐためのダイレクトマーケティング

Web集客の基本はランディングページが基本です これを読んでいる皆さんは WEB集客をしてみたい 興味はあるけど? WEB集客ってどうやったらいいの? 難しそう そんなイメージがあると思います。 WEB集客は突き詰めていくと答えは一つになってきます。 ランディングページがキーとなり、 ランディングーページにどうやって誘導するのかが 実はもっとも大切なことになります。 今回は気になる Facebook広告の種類についてお話しを していきます。 Facebook広告には今11種類の広告がありますが、 外部のホームページに誘導できる広告は実はたった2つだけなんです。 (2016年4月26日現在) ランディングページへ誘導できるのはこれです 上記の画面がFacebookの広告管理画面  通称 広告マネージャーといいます。 広告マネージャーを使って Facebookページからランディングページへ 誘導できる広告は ウェブサイトへのアクセスを増やす ウェブサイトでのコンバージョンを増やす になります。 ずばりタイトルそのままですね。 ではそれ以外のも含めて一つ一つ解説していきましょうね。 投稿を宣伝 個人アカウントやFacebookページから投稿する記事をそのまま広告できる 広告です。 記事へのいいねやコメント、再生回数を増やすのであればおすすめです。 Facebookページを宣伝 この広告はFacebookページ自体のいいねを増やすための広告です。 ページのいいねが増えることによってタイムライン上に現れやすくなります。 まずは広告をうってFaecbookページを宣伝したい方におすすめです。 これがおすすめの一つ!ウェブサイトへのアクセスを増やす これが外部のホームページへ誘導できる広告の一つです。 リンク先を設定したホームページにできるので ランディングページを作ったならばこれを試さないと ウソですよね。 実際に広告を行った後の分析をするための Facebookピクセルという解析ツールを設定することができます。 設定すると ホームページに訪れたユーザのアクションを分析して ランディグページの改善と Facebook広告の改善を することができます。 これがおすすめの一つ!ウェブサイトでのコンバージョンを増やす これがもう一つの外部のホームページへ誘導できる広告の一つです。 といってもかなり特殊です。 ランディングページのホームページで特定のアクションを増やすための 広告を作成することができます。 特定のアクションとは コンテンツをみる 検索 カートに追加 ウィッシュリストに追加 支払い情報の追加 購入 リード 登録を完了 といったアクションを増やす広告です。 こちらも Facebookピクセルを追加できます。 ただ「ウェブサイトへのアクセスを増やす」では任意の設定ですが、 「ウェブサイトでのコンバージョンを増やす」では必須の設定になります。 アプリのインストール数を増やす その名の通りアプリのインストールを増やすための広告です。 残念ながらこの広告は僕も僕のお客様も使ったことがないので 詳しいことはわかりません。 ただ Facebook専用のアプリを広めるための広告になりますので、 アプリ制作者、販売者以外はほとんど利用する機会は ありません。 一般の方にはほとんど縁のない広告です。 アプリのエンゲージメントを増やす Facebookアプリまたはモバイルアプリの利用者を増やします。 これも「アプリのインストール数を増やす」と同様に 一般の方にはほとんど縁のない広告です。 近隣エリアへのリーチ これは比較的新しいFacebook広告です。 一瞬外部のホームページに誘導できるのでは と思ったのですが試してみたらFacebookページへの 誘導になります。 ただ他の広告と異なり地域が主なターゲットになります。 お店をお持ちの方にはおすすめの広告ですね。 イベントの参加者を増やす Facebookイベントを宣伝するための広告です。 Facebookイベントの参加者を増やしたい時に 最適な広告です。 クーポンの取得を増やす Facebookページから作成したクーポンを 宣伝するための広告です。 動画の再生数を増やす 動画を埋め込んだ広告を作成できます。 Facebook上で画像を組み合わせた スライドショーを作成することもできます。 ビジネスのリードを獲得 かなり新しい広告になります。 そして一番島村が実はかなり気になっている 広告です。 なんとFacebook上でお問い合わせフォームが 作れてしまうというかなりお得な広告です。 メルマガ登録とかお試しセットなどに使ってみるといいかもしれませんね。 使ったことがなかったのですが、 是非早めに使ってみたい広告です。 詳細はこちらを見てくださいね。 https://www.facebook.com/business/help/1462876307360828 https://www.facebook.com/business/news/JA-lead-ads-launch・・・

もっとWordPressを日本語化しよう!「Global WordPress Translation Day」に参加してきました。

開発

もっとWordpressを使ってほしい。 そんな思いからWordPressカンタン君を開発している 島村竜一です。 2016年04月24日は「Global WordPress Translation Day!」 東京の 下北沢オープンソースCafeにて開かれたWordBench東京 4月勉強会 「Global WordPress Translation Day」 に参加してきたのでイベントをレポートします。 Global WordPress Translation Dayってなんだろう? 「世界中のより多くの人が WordPress を楽しめるように国際化(i18n)、地域化(L10n)をしよう」という趣旨で世界各地でイベントが行われる日です。 引用 https://wbtokyo.doorkeeper.jp/events/42447 詳しくはこちらをみてくださいね。https://wptranslationday.org/ アメリカで生まれたWordPress! オープンソースということで今世界中で愛し使われている ブログを構築するためのソフトです。 このブログを読んでいる人も 使っている人はきっと多いはず。 今ものすごいことになってきていて、 ECサイトの構築から 企業の基幹システムまで使われています。 単なるブログ構築ソフトが今大活躍しています。 ただもともとが英語なのでどうしても使いづらいということがあります。 なんで自分の国の言葉じゃないの? どうしたらいいのか? 英語なのでよく使い方が分からないということがあります。 なので一斉に世界中で各地に集まって Plugin、 テーマ、 動画などを翻訳しようと いうイベントに参加してきました。 島村竜一が今回翻訳したのはこの4つ 今回ぼくはよく使われているWordPressのプラグインベスト100から 4つを選んで翻訳を担当することになりました。 4月24日ではすべての翻訳は終わらなかったので のこりは徐々に翻訳していきます。 お問い合わせを動かすには必須!WP Mail SMTP WordPressでホームページを作ったらならば 必須のお問い合わせ画面! MW WP Form、 Contact Form 7 など有名なお問い合わせPluginがあります。 実はこれらの有名PLuginを使っても動かない可能性があります。 動かない時にはこのWP Mail SMTPを使うと ウソ!!ってぐらいカンタンに動いてくれます。 先日サクラサーバーでWordPressを作った時に Contact Form 7で問い合わせ画面を作成しました。 その時動かなかったのを救ってくれたのは実はこのPluginです。 Pluginのアドレスはこちら。 https://ja.wordpress.org/plugins/wp-mail-smtp/ バックアップなら!WP-DB-Backup WordPressで毎日ブログを書いていて ブログがもし無くなったら 悲しいなんてもんじゃないですよね。 このPluginを使うと いざというときに安心なバックアップができるようになります。 Pluginのアドレスはこちら。https://ja.wordpress.org/plugins/wp-db-backup/ 投稿コピーなら!Duplicate Post このPluginを使うと以前書いた記事をカンタンにコピーすることができます。 痒いところに手が届くのでとっても便利です。 Duplicate Post Pluginのアドレスはこちら。 https://ja.wordpress.org/plugins/duplicate-post/ サイドバーを賑やかに!Black Studio TinyMCE Widget Black Studio TinyMCE Widgetはサイドバーのなかで ビジュアルエディタが使えるプラグインです。 サイドバーの投稿を記事編集画面とおなじビジュアルエディタで編集することができます。 サイドバーの投稿を更新するときに便利ですよ。 Black Studio TinyMCE Widget Pluginのアドレスはこちら。http://netaone.com/wp/black-studio-tinymce-widget/ まとめ:あなた好みのホームページを作るならばPluginは必須です。素敵なPluginを是非使っていきましょう WordPressでただ綺麗なホームページを作ってももったいない。 綺麗なだけで中身がともなっていないと残念な人になってしまいますよね。 ホームページをWordpressで作ったならば必要な機能をPluginで入れておきましょうね。 今回は「Global WordPress Translation Day」ということで・・・

WordPressカンタン君に価格表追加とコールトウアクションボタン機能を追加!

開発

もっともっとカンタンに思いのままに ホームページ(WordPress)にご自分のビジネスを 素早く表現する WordPressカンタン君 開発者の島村竜一です。 使用頻度の高いテンプレートをマウス一つでドラッグするだけで パッとデザインと機能追加をすることができます。 本日は店舗用のホームページでおすすめの 「価格表」、 「ポストスライダー」、 「カウンター」、 「コールトウアクションボタン」 を追加できる機能を追加しました。 なかでも「コールトウアクションボタン」は是非使って欲しい 機能の一つです。 料金が一覧表示できる価格表を追加 「価格表」は簡単におしゃれな料金表が作成できるツールです。 使い方はとっても簡単。 料金表を表示したい場所に 「価格表」をドラッグした後は 設定していくだけです。 もちろん色の設定もできます。 アピールしたいプランを色で目立たせることもできますよ。 投稿をスライダーで見やすくするポストスライダー いままで投稿した投稿情報をスライダーでおしゃれに見せることができます。 もちろんアイキャッチ画像の表示もできます。 見ている人にアピールするために大きく背景にしたり、 小さくしてワンポイントアピールもできます。 過去の投稿への誘導ができますので回遊率を高めることができます。 進捗率を表示するカウンター 何%ぐらいの人が使っていることを表したり 進捗率をバーで表示できる機能です。 円グラフタイプと バーで表示するタイプの2タイプを作成することができます。 申し込みを増やすコールトウアクションボタン ホームページに必須の「コールトウアクションボタン」。 このコールトウアクションボタンがビジネスの成功を左右させる 重要な役割をになっています。 具体的には 「イベントの申し込み」、「製品の販売」 などのボタンですね。 ほかよりも目立たせることがなによりも大切ですよね。 効果的な「コールトウアクションボタン」が いともカンタンに作れるようになります。 まとめ:コールトウアクションボタンなど魅力的な機能が簡単に追加できるようになりました 「WordPressカンタン君」を使うとどんなWordPressのテーマ(デザイン)も 自在に変更できるようになります。 今回 「価格表」、「コールトウアクションボタン」など 使用頻度の高い機能を追加いたしました。 もうすぐ来週には発売いたしますので是非使ってみてくださいね。

ページの先頭へ