LINEで送る
Pocket

ホームページに大切なのはアクセスではありません。

社長
やった。
社長
ようやく作ったホームページのアクセス数が伸びてきた。
社長
クーー。ここまで続けてきて本当によかった。
社長
でも
社長
でも全然売り上げが上がらない。どうしてだろう?

売り上げを上げるためには問い合わせを増やす仕掛け(CTA)が大切です。

ホームページを持つとどうしても気になるのが
アクセス数です。

何人みてくれたのだろうってどうしても気になりますよね。

でも実際のところどれだけみてもらっても
ただみてもらうだけでは
売り上げにはつながりません。

そこで注目を集めているのは
CTA(Call To Action)です。

CTA(Call To Action)とはホームページに訪れた
ユーザにとってもらいたい行動に誘導することになります。

これだけだとちょっと抽象的ですね。

実際の具体例を取り上げてみましょう。

例えば
ECサイトならば
商品の購入ボタン

ブログならば
ソーシャルボタンを使ったシェアへの誘導や
メルマガ登録への誘導

などがあります。

ホームページはさまざまものがありますので
それによってCTA(Call To Action)も異なってきます。

CTAの具体例

コスメならお任せ
@COSME.

さまざまなコスメの情報を見ることができます。

画面の右側に会員登録のためのCTAがあります。

「今だけ!登録して500円OFFクーポンをGET!」
と吹き出しに書いて会員登録を促しています。

期間限定の特典をアピールして緊急性を伝えていますね。

こちらは
全国展開しているドラッグストア「マツモトキヨシ」のLINE公式アカウントです。

LINE@に登録すると日頃のお買い物がさらにお得になるクーポン情報や
キャンペーン情報を教えてくれます。

島村竜一
2017年の今流行りのCTAはやはりLINE@への登録案内ですね開封率の高さが人気のようですね。

まとめ:どうしてCTAが大切なのか?

昔ホームページを持てば世界中のお客様相手に
商売ができるよなんて話がありました。

今思えば
本当に昔の話ですね。

ホームページ開設当初はアクセス数はスズメの涙ほどしかないのが
現実です。

そんな中単にホームページをただみてもらうだけではダメで、
ホームページをみてくれてユーザに
メルマガ登録、
商品を購入してもらうための
ボタンをクリックしてもらわないと
売り上げにつながりません。

僕自身ホームページ組込型の予約ソフトが先月3本売れて
売り上げになっています。

購入してくださったホテル様、ゲストハウス様
本当にありがとうございます。

まさしくCTAはインターネット売り上げを上げるための必須の試作です。

次のブログは実際にCTAを簡単に実現するためのWordPressのPluginの紹介
をさせていただきますね。

ではまた次のブログでお逢いしましょう。

この記事が気に入ったら
ぜひいいねをお願いしますね。

Twitter で