売れているサービスが無意識にやっている3つのこと

島村竜一

こんにちは やさしい集客の島村竜一です。

今日はサービスを始めるときに大切な「差別化、広告文、集客」についてお話をさせてくださいね。

Blog,YouTube,Facebook広告などを使って早く自分の商品を売りたい、
でも実際にブログを書こうとするとなかなか書けないなんてことはありませんか?

じつはそういうときはブログなどの集客をする以前の部分でつまづいていることがあります。

今回は集客をする前にしないといけないことについてまとめてみました。

徹底した差別化

インターネットの世界でのビジネスは徹底的な比較になります。

必ず人は比較をしてきます。

そのときに他社と差別化ができていないとお客様は買ってくれません。

差別化できないといって価格をさげてしまうとそのままズルズルと負け犬路線になりかねません。

よく私の商品は差別化できないという話も聞きますが、商品・サービス以外にも差別化する方法はたくさんあります。

商品、価格、販路、プロモーション,etc..

さらにこれらのものも細かくみていくとたくさんあげることができます。

島村竜一

諦めずに徹底的に差別化をしてくださいね。

人を引きつける広告

いくら差別化ができたとしてもお客様に知ってもらわないと買っていただくことはできません。
トヨタ、イオンといった大ブランドや、伝統ある商品ならともかくまだ買ってもらえていない人に対してはまずはその商品をキチンと伝える必要があるのです。

そのために自分のほしいお客様を引きつける広告やキャッチコピーが大切になってきます。

効率の良い集客

どんなビジネスであれお客様がいなければビジネスは始まりません。

集客をいかに効率よく行うかがとても大切です。

差別化、広告文、集客の順番を守るべし

ここまでお話したとおりこの順番を守る必要があります。

1.徹底した差別化

2.人を引きつける広告文

3.効率の良い集客

大切なことはこの順番を必ず守らなくてはいけないということです。

いくらFacebook広告やInstagramなどでとても良い集客方法が見つかったとして、
人を引きつける広告文がないとうまくいきません。

ではこの広告文がどうやって作られるかというと差別化を元に言葉を作ります。

例として他社とどうちがうのかの差別化ができていないと、その良さを伝えるための広告文は決してできないからです。

差別化も、広告文もできていないようだと、集客に力をいれてもなかなか結果がでません。

集客のためにいろいろとやる前に、まずはしっかりと差別化を図り、それをもとに広告文を作ることが何よりも大切になります。

島村竜一

なによりもインターネットの存在そのものが絶対に他社との比較になりますのでこれはもっとも気をつけることになります。

まとめ:まずは差別化から見直しをしてみましょう

いかがでしたか?
今回はサービスを始めるときに大切な「差別化、広告文、集客」についてご紹介しました。
これでブログやFacebook広告をやるときにつまづくことも解決することができます。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

この記事が気に入ったら
ぜひいいねをお願いしますね。

Twitter で
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)