【もっとも大切なことは一つ】世界No1の営業マンが教えてくれた成功へと導く行動のしかた

営業が今日もうまくいかない。どうしたらいいのだろう

こんなにお客様と仲良くなったのに結局仕事にならない。

売り上げをあげたいけどどうしたらいいのか分からない。

ここのところ色々な人とお会いしていますが
みなさん様々悩みを抱えています。

何かを変えたいと言う場合には行動を変えて行くしかないです。

つい最近友人の財津優さんが出版をされました。
本日一冊読み終えさせていただきました。

先日もブログを書かせていただきましたが、
前回のブログはこちらです。

TOP営業マンに共感できた僕が実践している3つのコツ

今日改めてこの一冊の本に書かれているテーマについて
改めて考えてみました。

覚悟を決めた人だけが行動できるそれがNo1の営業マンの教えてくれたとっても大切なこと

財津優さんは競争の厳しい外資系医療機器メーカーに転職後、
一年目に新規顧客数と売り上げ金額でトップになり新人賞を獲得した人です。

僕なんかが太刀打ちできない素晴らしい実績の人ですね。

私はキャパが狭いので、忙しいとベストパフォーマンスが発揮できません。
ですから、できるだけ時間的な余裕を作り出すように意識しています。
時間的な余裕ができると、精神的なゆとりが生まれるので、良い結果を
生み出しやすくなるのです。

引用:世界No.1営業マンが教える やってはいけない51のこと

恥ずかしながら僕は財津さんよりもっとキャパが狭いです。

マインドがとても弱いので
スキル、ツールで稼ぐようにしています。

世界No.1営業マンが教える やってはいけない51のことに
で取り上げられているのは

「覚悟です」

細かいノウハウが色々ありますがこれを実行するためには
覚悟がいります。

できるだけ悩んでいる時間を減らし、
行動を起こすことがもっとも大切です。

覚悟をもっとどう行動すればいいのかと言うことを
財津優さんから教わりました。

財津さんの本の中でありきたりでは
ありますが僕自身が意識している言葉を抜粋させていただきます。

そのために意識すべきことは
「もっと仕事の効率化を図り、それを年間を通して意識する」
「徹底的にモチベーションを管理し、常にベストパフォーマンスをキープする」
「今やっていることの延長線上に夢や目標を描く」

引用:世界No.1営業マンが教える やってはいけない51のこと

まとめ:人を幸せにするための行動することがもっとも大切です

僕が恋しいほど好きな作家がいる。
里中李生先生だ。

この人ほど強烈に言い切り、Amazonで嫌われている
著者は僕は知らない。

だけど読むと元気になる本を常に書いている。

最後にその人の言葉を借りてみる。

だが私は、正直、人生は「好きなこと」をしてなんぼ、と思っている。

「嫌いなこと」をしている人間は、周囲に迷惑をかけている。

必ず「愚痴」をこぼしているし、人の足ひっぱたりしているからだ。

「嫌いなこと」をやっていて、人生がうまく行くだろうか。お金は稼げるだろうか。

魅力的な人間になれるだろうか。

あり得ないと思う。

「嫌いなこと」をしていたらいつか必ず挫折するだろうし、
病気になるだろうし、繰り返し言うが、近しい人に迷惑をかけてしまうだろう。

このような話をすると、決まって、
「食べていくために仕方ないじゃないか」などと反論させる。

しかし、そのような反論をする人は決まって現状維持に徹していて、
そこから抜け出すための行動を起こさない。

そこが問題なのだ。

一歩踏み出す行動力を持ってほしい。

「好きなこと」に向かう行動力だ。

引用;男は一生好きなことをやれ!


朝朝食を食べている暇がなくて急いでいて走ったら
曲がり角で口にパンを加えたうっとりするぐらいの
おちょこちょいの可愛い女の子に激突する。

戦争になってどうしようもないときにフト見渡すと
実は白いモビルスーツが横たわっていて思わず乗り込んだら
動かせてザクを倒せてしまう。

。。。。
。。。
。。

実際こんなことがあるだろうか?

まずほぼない。

せいぜい美女がハンカチを落としたふりをして
実は気を引きたいだけ。

そんな感じだ。

結局のところ悩んでいる暇があったら
さっさと行動したものが勝ちということです。

このとき大切なことはできるだけ
行動をできるだけ小さく小さくして
自分を動きやすくすることが大切です。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今自分のホームページからの問い合わせ、
既存のお客様からの問い合わせから 今度のサービス、経営戦略を考えています。

もし気に入っていただけましたら、 気軽にSNSでの拡散をお願いします。

P.S
平日ブログマラソン中です。
今日が27日目です。

この記事が気に入ったら
ぜひいいねをお願いしますね。

Twitter で