SiteGuard WP Pluginでポチッとカンタンセキュリティ!WordPress

島村竜一

こんにちは

「売る力」の島村竜一です。

今日は7月19日(木曜日)。

朝からシトシト雨が降っていましたが
段々と晴れ間が広がってきましたね。

ようやく夏になりそうですね。
夏を楽しみに頑張っていきましょう

この記事はこんな方におすすめです
  1. WordPressでホームページを作ったときにセキュリティを高めていきたい方

コロナウィルスのおかげでセキュリティアタックが増えている

冒頭になんですが。。。。
ここのところセキュリティアタックが増えてきています。

ホームページだけでなく私のパソコンにも。。。

一番酷かったのはコロナウィルスによる自粛のとき。。。

ほぼほぼ毎日のようにウィルスバスターがバージョンアップしたのはちょっとびっくり。
たぶん次から次へと新しいウィルスがでていたのでしょうね。

自分が使っているパソコンだけでなく
ホームページももちろんセキュリティをキチンとする必要があります。

セキュリティがキチンとしていないと自分だけでなくホームページに
せっかく訪れてくれた人にも被害が及びかねません。

ではWordPressでなんの対応をしていいのかわからない。


そんな方にぜひお勧めしたいのがSiteGuard WP Plugin!

セキュリティ周りで大切なログイン周りをガードしてくれます。

まずはログインまわりからセキュリティを固めようSiteGuard WP Plugin!

WordPressへのセキュリティアタックの代表的な手段ですが、
ログインまわりが一番狙われやすいです。

そのログイン周りを強化してくれるのが
SiteGuard WP Plugin!です。

SiteGuard WP Plugin

おすすめの機能をご紹介します。

おすすめ設定1)ログインページ変更

Screenshot

WordPressは初期ではドメイン名/ログインページ(wp-login.php)
がログイン方法になります。

もろここが狙われやすいです。

これを自動的にlogin_<5桁の乱数>に変更してくれます。

もちろん自分の好きな名前に変えることもできます。

島村竜一

ログインページ(wp-login.php)は一番狙われやすい場所なので必ずこの設定だけはやっておきましょう。

おすすめ設定2)管理ページアクセス制限

Screenshot

WordPressは初期ではドメイン名/wp-admin/
が管理画面のアドレスになっています。

ここにログインしていない状態でアクセスすると自動的にログインページに飛ばしてくれます。

もちろんとっても便利な機能ですが、それだとせっかくログインページ変更しても
ばれてしまうのでまずいですよね。

この設定をすると
ログインしていないユーザーは404ページいわゆる存在しないページが
表示されますので安心して使うことができます。

おすすめ設定3)画像認証

Screenshot

ログインするときに設定したID,PASSWORD以外に
画像認証をもうけることができます。

これでウィルスの総当り攻撃などを防ぐことができますよね。

おすすめ設定4)ログイン詳細エラーメッセージの無効化

Screenshot

ログインするときに

  • IDが存在しません。
  • パスワードが間違っています。

詳細なエラー情報を出力すると正しいログイン情報を推測される元ネタとなってしまいます。
ここを設定するとログインに関するエラーメッセージがすべて同じ内容になります

おすすめ設定5)ログインロック

Screenshot

ログインページに繰り返しアタックして不正ログインを防ぐための機能です。

ログインに繰り返し失敗するとアクセス禁止になるためおすすめの機能です。

まとめ:WordPressのセキュリティは効果の高いところから始めよう!

ホームページのセキュリティはやりだすと大変なことになります。
これもあれもになるとやることが膨大に増えてきます。

そんなときには
まずはセキュリティ効果の高いログインまわりから初めて見るといいですよ。

是非試してみてくださいね。

ここまで読んでくださってありがとうございました。
ではまた次のブログでお逢いしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)