「2014年6月」の記事一覧

[書評]「顧客を獲得できるセミナーづくり」7つの法則

lifehack-2

[記事公開日]2014/06/30 [最終更新日]2014/06/30 セミナー初心者にぜひぜひお勧めしたい一冊です。 みなさんセミナーに参加もしくは主催されたりしていらっしゃいますか? 集客どうしよう? どうやって話したらいいのだろうって? 悩んだりしていませんか? そんな方におすすめの一冊です。 21年間で2600回セミナーを実施した私の「顧客を獲得できるセミナーづくり」7つの法則 posted with ヨメレバ 野津 浩嗣 東洋経済新報社 2012-01-20 kindle版の購入はこちらからできます。 僕自身セミナーを主催するようになって、 毎回どうしよう。 どうしよう。 なにを話せばいいのだろうか? 悩んでいます。 さらに今はだれもがセミナーをやる時代。Facebookでは毎日のように様々なセミナーに誘われているはずです。 だれもが自分のもっている知識・情報・ノウハウ・スキルを公開したいと考えているのです。本当に言い方は悪いのですが、猫も杓子もセミナーをやるような時代になってきました。 だからこそ自分を目立たせたい。いいセミナーを行いたい。 でもやり方が分からない。そんな方におすすめの一冊になります。 本書籍は話し方だけでなく、体系的にセミナーの前準備、プログラムの構築の仕方が書かれていて非常にためになります。 欠点はセミナー後のサポートについてなにも書かれていないのがすこし寂しい感じです。 うれるセミナーの3つの構造 本書では、 私はセミナーの構造を3つの軸で考えています。「セミナーの内容」「講師の話し方」「講師の熱量」の3つです。 と述べています。 セミナーのは内容はやっぱり大事です。 本書ではいろいろあげていますが、そのなかで 「市場がある」「独自性がある」「プログラム(コンテンツ)がいい」「流れ(進め方)がいい」という4つは非常に大切になってきます。 絶対にためになってその後に役に立つ物でないとだめですよ。 ましてや人のコンテンツを丸コピーなんで全体だめです。 セミナー初心者の方は、これからセミナーを開こうと考えている方は、 ぜひ読んでほしい一冊にです。 21年間で2600回セミナーを実施した私の「顧客を獲得できるセミナーづくり」7つの法則 posted with ヨメレバ 野津 浩嗣 東洋経済新報社 2012-01-20 kindle版の購入はこちらからできます。

7月26日Google+超初心者講座を行います。

集客

[記事公開日]2014/06/27 [最終更新日]2014/06/27 2014年6月04日に渋谷にてGoogle+講座を行いました。 そのときの記事はこちら http://goodsystem.jp/marketing-begnners/eventreport20140604.html やった内容はこんなこと。 【テーマ】 ずばりGoogle+ 内容レベル 入 門・脱初級 ※難しい言葉は使わず、できるだけわかりやすい言葉でご説明します。 【このセミナーで得られること】 このセミナーで得られることは下記の内容です。 ●誰でもGoogle+を効果的にすぐにスタートすることができます。 ●ホームページ(またはブログ)のSEO対策の方法がわかり、訪問者数増加につなげられます。 ●運用ツールでgoogle+などソーシャルメディアを効率的に投稿管理ができるようになります。 反省点 初心者向けといいながら、下記の内容をおこなってしまいました。 ●ホームページ(またはブログ)のSEO対策の方法がわかり、訪問者数増加につなげられます。 ●運用ツールでgoogle+などソーシャルメディアを効率的に投稿管理ができるようになります。 もちろん。これは大事なこと。 実際に病院向けのコンサルタントをされている上原さんの話に皆さん耳を傾けていました。 すごーーく大事なことなんです。 でももっとこれからGoogle+を始めみたいけどどうしたらいいのか分からない。 ソーシャルメディアの運用の仕方が分からない。 セミナーをやった後皆さんの強い思いを感じました。 今回はGoogle+超始めて講座をやります。 7月26日にはGoogle+超初心者講座を行います。 やる内容は下記のものを想定しています。 Google+の使い方 ハングアウトの使い方 ハングアウトの実演 詳細は追って知らせますよ。 お楽しみに!!

ええ!!Facebookグループにキャッチコピーの画像を投稿すると機能制限されるんだ!!

集客

[記事公開日]2014/06/24 [最終更新日]2014/06/24 ええ!! びっくり。 つい先日Facebookのグループ内での投稿に制限がかかりました。 原因はこの画像。 これ。 でもこれセミナーの告知ではないんです。 明日開催されるバーベキューの告知をとあるグループにしていたんです。 そうしたらこのような表示がでてしまいました。 え!! そりゃ 集客したいからやっているんですけど、広告だと判定されてしまったようです。 文句があったら言ってほしいそうです。 1日前に連絡しましたがいまだブロックがかかっています。 こっちのはOK. こっちはNG. なぜだ。。。。 具体的にこうなります。 制限された場合どうなるかというと、 奇妙奇天烈なことに、 自分のタイムラインはなにも変わりません。 ただ参加しているグループに対して新規投稿はできます。 自分の立てたイベントの修正はできます。 だけど。 コメントを追記することができません。 それ以外の動作はできます。 へんなの。 なんか中途半端な機能制限がかかっています。 20%ルールにひっかかったらしい。 Facebookのヘルプによるとこんな内容が、 広告やスポンサー記事の画像には、広告ガイドラインに沿ったテキストを含めることができますが、画像の20%を超えるテキストを使うことはできません。画像内のテキストの量を最小限に抑えることで、コンテンツを魅力的なものにして、ニュースフィードで高品質のコンテンツだけを表示できます。画像に使用できるテキストの量は制限されていますが、メッセージを配信するには、テキストフィールドを使うことができます。 https://www.facebook.com/help/www/468870969814641 広告の画像に使われるテキストが20%以内であることを確認します。 そうかだめなのか?! この規定は、ニュースフィードに掲載される広告やスポンサー記事にのみ適用されます。単にページに投稿する写真(広告に使用しないもの)については制限はありません。 あれ。グループ内でバーベキュー募集のための告知写真なんですけど。 バグかもしれませんね。 もしかしたらまずいとおもったらチェックするツールがあります。 20%って何パーセントか分からないときには実はFacebookはチェックツールを用意しています。 チェック用のグリッドツールはこちらです。 https://www.facebook.com/ads/tools/text_overlay 文字の入力された範囲をクリックすると、画像の何パーセントが 文字になっているか判定することができます。 自動判定でできそうな気がするのですが、クリックして自己判定するのが ちょっとローテクですね。 注:このグリッドは、Facebookによる広告内のテキストの確認方法を説明するためのものです。Facebookのポリシーに画像が沿ったものであるかどうかの最終判断は、Facebookが行います あくまでこのツールは参考で最終判断はFacebookが行うようです。 下記のFacebookヘルプ参考になるので読んでみてくださいね。 Facebookでの画像の取り扱いはこちらで見ることができます。 https://www.facebook.com/help/www/250509391644213

WordPressの創業者のセミナーに参加してゴールデン街で学んだこと。後編

集客

[記事公開日]2014/06/11 [最終更新日]2014/06/11 日本ではなんと5年ぶりにWordPress 共同創始者マット・マレンウェッグさんが来日されたので セミナーに参加してきました。 前編の記事はこちらです。 http://goodsystem.jp/marketing-begnners/wordpress-20140604.html WordPressはコンテキスト型にむきます。 WordPressはなんでもできるわけじゃやない。 でもeコマース、不動産、ポートフォリオなどに は向いていますよ 起業のコツ 共同経営者を見つけるのは結婚するようなもの。 ぼくは結婚したことないけどね。 悪いときもずっといないといけない。 会社を作るのは本当に本当に大変。 人生で一番大変かも。 雑誌では良いことしか書いていない。 実際に話してみると、マークザッカバーグ、ビルゲイツ ともに大変だったといっていました。 どういう人を雇うのがいいかというと、 頭のいい人 我慢づ良い人 自分よりいい人を選ぶ それが大事です。 物事がおかしくなる前にコミニュケーションをする。 最初の人を雇う場合、責任が伴います。 人を雇った場合その人の生活がかかってくるので大変。 むずかしいけど、ビビらないでくださいね。 大 大求人中 PHPエンジニア、 JavaScriptエンジニア 大大募集中!! 人に関してはベストな人を雇いたい。 英語のスピーキングではなく読み書きが必要です。 さらに早くかけることが大事です。 dvorak配列のキーボードはいいよ。 おすすめです。 早くタイプできるのは大事なことです。 オフィスもボスもいないので自発的に動くことが 大事です。 良い点はどこにいても働けることです。 裸で働いてもOK. ただビデオチャットの時は服を来てくださいね。 求人の続きはautomattic.comを見てくださいね。 そしてゴールデン街へ 翻訳者さん時たまてんぱっていました。 マット・マレンウェッグさん休憩取らずに 結構早くしゃべって翻訳が追いついていない です。 翻訳者さん お疲れさまでした。 なかなかお茶目で楽しい翻訳でしたよ。 今回のイベントに参加したのでいろいろ お土産をいただきました。 わぷーのシール WordPressのログバッチ WordPressのサングラス この後懇親会があり、そのあと マット・マレンウェッグさん達と ゴールデン街の楽しく呑んだのは いい思い出でした。

ページの先頭へ