LINEで送る
Pocket

Facebookページが改めて見直されています。その理由とは?

こんにちは
島村竜一です。

いやー暑いですね。
ほんともう夏って感じです。

夏バテには気をつけてくださいね。

さて今日もソーシャルメディアを楽しんでいますか?

ソーシャルメディアといえば
Facebook!

なんと月間利用者数が20億人を突破したそうです。

すごいですね。

毎日1億7500万人の人が‘超いいね!’をし、8億人の利用者が‘いいね!’をしてくださっています。

そして毎月10億人の方が何らかのグループを使ってくださっています。

またアジア地域では、毎日4000万人の人が‘超いいね!’をしてくださっています。

そして毎月4億人の方が何らかのグループを使ってくださっています

引用:Facebook 月間利用者数が20億人突破
https://ja.newsroom.fb.com/news/2017/06/two-billion-people-coming-together-on-facebook/

これだけの数の人たちが使っているとビジネスにどうしたら使えるのだろうかと
考えるのが人間です。

社長
いやー。なんか商売に使えないのかな

なんて考えてしまいますよね。

そんな方にオススメなのがFacebookページ!

個人アカウントではなくてFacebookページです。

今回はFacebookページを作らないといけない3つの理由
をまとめて見ました。

その1:個人ページではビジネスの宣伝は禁止です。

個人のアカウントでは、主に実際の友人と交流を楽しむためのものです。

そこにこれを

買って

買ってと言われたら誰だって嫌ですよね?

ドン引きですよね。

基本的に個人アカウントではビジネス目的で使用してはいけないものなのです。

個人用タイムラインを営利目的で利用することを禁止します。このような目的にはFacebookページを利用するものとします。

引用:Facebook利用規約
https://www.facebook.com/legal/terms

その2:Googleの検索結果に反映されるから

これがあまり一般的に知られていないことですが
とても大切なお話をします。

Facebookの個人のタイムラインに
どんだけ素敵なことを書こうと
Googleの検索結果に反映されません。

悲しいことに。。。

お友達の
一日前、

二日前の
タイムラインの投稿を覚えている人は
どれくらいいるのでしょうか?

いやまだ覚えているよ。

では一ヶ月前は?

どんなに頑張ってもスーと
流れて行ってしまうのです。

一生懸命考えた投稿が
消えていってしまうのです。

悲しいですよね。

でもFacebookページの投稿は
違います。

Googleの検索結果に反映されるのです。

しかもかなり早いスピードで!

これだけでもやる気になちゃいますよね。

Facebookページへの投稿ならばGoogleの検索結果に
反映されるということは
スーと消えずに
いつまでも残っていくということなんです。

その3:Facebook広告を出せるのはFacebookページのみだから

ビジネスにおいて何よりも大切なのは集客です。

どんなにいい商品を作ったとしても
集客できなければ終わりです。

そのためにも広告は欠かせません。

その1:個人ページではビジネスの宣伝は禁止です。

でも書きましたが個人ページではビジネスの宣伝は禁止です。

当然 Facebookに掲載されるFacebook広告も個人アカウントでは禁止です。

Facebook広告を使うためにはFacebookページは必須なんです!

まとめ:売り上げを上げるためにもFacebookページは必ず持ちましょう!

今更ですがFacebookでの集客ルールは今やガラリと変わっています。

少し前まで
友達にはいいねをしましょう。
コメントをつけましょう。

まずはお友達になることから始めましょう。

というお話やセミナーがありました。

いつのまにかスーーとなくなってしまいましたね。

Facebookもでてきた頃にはそれで問題なかったのですが、
今やビジネスをするならFacebookページを使ってねと
Facebook会社自身が推奨しています。

Facebookページの正しい運用方法を学んでいきましょうね。

新しくFacebookページを作りました。
よかったらこちらにいいねをお願いします。
小さなお店のための失敗しないWE集客(2017/07/14現在 Facebookページ名変更申請中です。)https://www.facebook.com/webSalesUp/

ここまで読んでくださってありがとうございました。
島村竜一でした。

次回のブログでまたお逢いしましょう!

この記事が気に入ったら
ぜひいいねをお願いしますね。

Twitter で