【新年の誓い】失敗を恐れないだから突き進む!!

2017年の目標は失敗を恐れない!!ただそれだけ

2017年の目標はなんにしようかと思っていたけど、
結局

島村竜一

失敗を恐れない

その一言をメインに突き進むことにしました。

なんだこのセリフは?
と思われるかもしれないが
もともとエンジニアの仕事をしたためか
失敗をした時のケース
いわゆるエラー処理を考えてしまう癖があります。

昔お付き合いをしていたお客様に島村さんって
元エンジニアでしょう。とズバリ言い当てられたことがありました。

まさしく
ドッキとしてしまいました。

ただ今だにその癖が抜けていないことがあります。

ぼく自身今の仕事が
エンジニアと
マーケティング(コンサルタント?)
の両方をやっています。

この二つはまるで性格の違うの仕事になります。

エンジニアは正常処理と同時に異常処理を考えなくてはいけません。
いわゆる石橋を叩いて渡るお仕事。

マーケティングはどうやってお客様を自分の前に連れてくるのかという
イケイケ ゴーのお仕事。

この二つの真逆の性格のお仕事を使い分けているのが
現状です。

ただ今年は色々風がふいてきてチャンスが来ていることもあり、
行けることま行ってみます。

なんとかなるさを
合言葉に生きていますからね。

ネパール行って山をさまよって帰って来たこと。
(残念ながらエベレストは行かなかったけど。。来年再チャレンジするかな?)

それ以外にも
人には言えないけれどどうしようもない状態から生きて
帰って来たことはあります。

まとめ:失敗を恐れては何もできないから突っ走る

もうすでに40歳を越しているのに
今更チャレンジですかということもあるかもしれないけれど、
あとで振り向いた時につまんない人生は送りたくないからね。

ひとつだけはっきりと言えるのは、不良社員が失敗を恐れないということだ。
というより失敗を苦にしない。

立ち直りが早いのだ。そうでなければ自由には生きられない。
失敗を恐れたり、少しの躓きにも立ち上がれないようでは限りなく不自由な人生しか送れない。

ではなぜ失敗を恐れないのか。

大きな失敗を自分で乗り越えたことがあるからだ。辛酸を舐め、かつそこから這い上がったことがあるからだ。

這い上がってみれば、世の中はいままでと違って見える。

楽しそうに輝いているし、自由さや身の軽さがひたすら嬉しい。

引用:島耕作に知る「いい人」をやめる男の成功哲学


最後まで読んでくださってありがとうございます。

もし気に入っていただけましたら、
気軽にSNSでの拡散をお願いします。

この記事が気に入ったら
ぜひいいねをお願いしますね。

Twitter で