ファンを作る!!売れる仕組みを作る!!上級ウエブ解析士になりました

上級WEB解析士になりました。

やった!!

このたびは島村竜一は
上級ウエブ解析士となりました。

上級ウエブ解析士になりました
シャッキーン!!

この数ヶ月勉強に明け暮れていて
フレームワーク?
コミニケーション解析?
WEB解析の設計
ソーシャルメディアでの分析方法
などを学んでいました。

なんじゃそりゃー。
といういうようなちんぷんかんの状態が数ヶ月続きました。

もう無理かも。。

そんな思いを抱きながらも
。。。

ひたすら
情報爆発時代の今の世の中において
どうやったらインターネットで集客をしたらいいのか?
どこが良くてどこが悪かったのかをどのように解析するのか?
そのことを学び続けていました。

そんな状況で合格した
上級ウエブ解析士の資格なので
単純に
嬉しい!!!
の一言につきます。

上級WEB解析士とは?

上級WEB解析士とは
ウエブ解析士協会によると

このような方に

ウェブディレクター、ウェブマスター、ウェブコンサルタント
成果をあげるためにウェブ解析を体系的に学びたい
今後上級ウェブ解析士として独立を目指す方
経営陣や上司、顧客に数値をもとに提案をしたいウェブ担当者の方

期待できる効果

事例と実務を想定した実習を通して、PC、モバイルのウェブ解析やソーシャルメディアのデータから問題発見、改善提案ができるようになります。
WACAの公式サイト上に上級ウェブ解析士として名簿に登録します。名簿上で講義・コンサルタントの依頼を受けることができます。
ウェブ解析士マスターの受験資格を得ることができます。

引用元 —https://www.web-mining.jp/course/higher/

WEB解析士というと分析するだけと思われるかもしれませんが、

ペルソナ戦略(顧客分析)とデーター分析をベースにした分析を元に
インターネット戦略をたてるのが
上級ウエブ解析士のお仕事になります。

より高い戦略を立てる

ウエブ解析士は初級と上級の二週類が存在します。

ブログこそ命
初級ウエブ解析士の定義は
事業の成果をあげるためのインターネットの活用方法を考える。
いわゆる戦術的にどうするのかといったことを提案するのがお仕事です。

ホームページを例にするとどうやったら問い合わせを増やすのかが
実務になってきます。

Google アナリティクスやら各種ソーシャルメディアを駆使して
ひいこらいいながらPVを増やして
売り上げをあげるために問い合わせを増やす施術を施していきます。

上級WEB解析士
では上級ウエブ解析士の定義はなんなのか?

それは事業の成果をあげるため事業のありかたを変えること。

ホームページだけに限らずどうやったら売り上げをあげるのか?
どうしたら利益をあげるのかを提案するのがお仕事です。

初級よりもう一歩上の戦略的に考えるのがお仕事になります。

売り上げをあげる仕組みをつくること

売り上げをあげる仕組みをつくることが

もっとも

大切な上級ウエブ解析士の求められることです。

現場にインパクトをあたえ、
現場をどのように動かすのが
課題になってきます。

経営者だけでなく
現場の担当者が欲しいデータを提供すること、

様々なクライアントのビジネスのモデルにたいして
最適なビジネスのモデルを作ることが求められることになります。

今後について

まだ上級ウエブ解析士という資格だけで、
実績のない自分ですが
ありがたいことにすでに
上級ウエブ解析士としてのお仕事をいただきました。

本当にありがとうございます。

感謝しています。

また9月以降
より参加者の方々に役立つ実践的なセミナーを
開催していきます。

ただそれよりも
まずはお客様より自分自身を改善していくのが先決と
考えています。

資格をもっているだけではなんの役にも立たないので
実際に今回得た知識を元にまずは自分自身を変え
自分が結果をだしてお客様に提案していきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

P.S
今回受験の際、
後藤塾新宿校の後藤高志先生には大変お世話になりました。
これを読んでいる方でWEB解析に興味を持たれた方は
こちらまでお問い合わせくださいね。
http://www.gotojuku.jp/

2015/08/08
島村竜一

この記事が気に入ったら
ぜひいいねをお願いしますね。

Twitter で
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)