第3回Google Analyticsの初期設定|ソーシャル対応SEO講座

Google Analyticsの初期設定をしましょう。

Google AnalyticsでSEOやSEMの効果測定を行う前に、初期設定をする
必要があります。

初期設定として、以下の4点をする必要があります。

  1. 日本語設定をする。
  2. 自分のパソコンからのアクセスを除外する。
  3. TOPページの設定をする。
  4. 目標を設定する。

日本語設定をする。

このまま英語のままだと、見づらいので日本語にしましょう。
手順は以下の通りです。

まずGoogle Analyticsにログインします

ログインした後に画面右上のSettingsをクリックします。

画面中央のLanguageの右の言語から「日本語」を選択します。

画面下の Save User Setteingsをクリックします。

はい これで日本語設定が完了です。

自分のパソコンからのアクセスを除外する。

Google Analyticsで測定を行う前に、自分がサイトにアクセスしたデータが含めてしまうと

正しい分析ができなくなってしまいます。

まず自分がサイトにアクセスした履歴ををカウントしないようにしましょう。

まずGoogle Analyticsにログインします。

まず設定するドメインを選択します。この例というと

http://www.goodsystem.jpになります。

画面右上のアナリティクス設定をクリックします。

自分のipアドレス除外設定3

自分のipアドレス除外設定3

画面中央のフィルターをクリックします。

その後新しいフィルターをクリックします。

自分のipアドレス除外設定4

自分のipアドレス除外設定4

フィルタ名に任意のフィルタ名を入力します。

既定のフィルタをクリックします。

フィルタの種類から既定のフィルタを選択します。

ドメインに自分のドメインを入力します。

大文字と小文字の区別でいいえを選択します。

保存をクリックします。

以上で自分のパソコンからのアクセスを除外することができます。

注意:今回は固定アドレスの設定になりますが、つなぐ毎に

IPアドレスが異なる可変IPアドレスの場合は設定が異なります。

気をつけてください。

このつづきは次回になります。お楽しみに!!

この記事が気に入ったら
ぜひいいねをお願いしますね。

Twitter で
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)