[書評]「顧客を獲得できるセミナーづくり」7つの法則

[記事公開日]2014/06/30
[最終更新日]2014/06/30

セミナー初心者にぜひぜひお勧めしたい一冊です。

みなさんセミナーに参加もしくは主催されたりしていらっしゃいますか?
集客どうしよう?
どうやって話したらいいのだろうって?
悩んだりしていませんか?

そんな方におすすめの一冊です。

kindle版の購入はこちらからできます。

僕自身セミナーを主催するようになって、
毎回どうしよう。
どうしよう。

なにを話せばいいのだろうか?
悩んでいます。

さらに今はだれもがセミナーをやる時代。Facebookでは毎日のように様々なセミナーに誘われているはずです。

だれもが自分のもっている知識・情報・ノウハウ・スキルを公開したいと考えているのです。本当に言い方は悪いのですが、猫も杓子もセミナーをやるような時代になってきました。

だからこそ自分を目立たせたい。いいセミナーを行いたい。

でもやり方が分からない。そんな方におすすめの一冊になります。

本書籍は話し方だけでなく、体系的にセミナーの前準備、プログラムの構築の仕方が書かれていて非常にためになります。

欠点はセミナー後のサポートについてなにも書かれていないのがすこし寂しい感じです。

うれるセミナーの3つの構造

本書では、

私はセミナーの構造を3つの軸で考えています。「セミナーの内容」「講師の話し方」「講師の熱量」の3つです。

と述べています。

セミナーのは内容はやっぱり大事です。
本書ではいろいろあげていますが、そのなかで

「市場がある」「独自性がある」「プログラム(コンテンツ)がいい」「流れ(進め方)がいい」という4つは非常に大切になってきます。

絶対にためになってその後に役に立つ物でないとだめですよ。

ましてや人のコンテンツを丸コピーなんで全体だめです。

セミナー初心者の方は、これからセミナーを開こうと考えている方は、
ぜひ読んでほしい一冊にです。

kindle版の購入はこちらからできます。

この記事が気に入ったら
ぜひいいねをお願いしますね。

Twitter で
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)