あなたのホームページに問い合わせを増やすボタンはありますか?

PVがたくさんあるけど泣きたくなるほど問い合わせがまったくない。

ブログやホームページを作ってみたものの
全然問い合わせがない?

そんなことはありませんか?

島村竜一
僕自身お客様のホームページ、ブログをみていて
ビックリすることがあります。

それはPV。
[br num=”1″]


PV(ページビュー)とは、ウェブサイト内の特定のページが開かれた回数を表し、ウェブサイトがどのくらい閲覧されているかを測るための最も一般的な指標です。 ブラウザにHTML文書(ウェブページ)が1ページ表示されたら1PVとカウントされます。

PV(ページビュー)とは | A~Z [SEO HACKS] 

引用
www.seohacks.net/basic/terms/pv/

よく私のホームページはこれだけ見られているなんて話を聞きますが。。。
[br num=”1″] だけど。
だけど。
[br num=”1″]

1日にたくさんの人が見ているけれど
一件も問い合わせがないという事実。。。

世の中の大半のホームページが実はこんな感じではないでしょうか?

[br num=”1″]

今回はこんな方のためにブログを書きました。

  • なけなしのお金をはたいてホームページを作ったけれど全然問い合わせがない。。。
  • SEO業者に頼んでGoogleの検索順位1ページ目になったけれど全然メルマガ登録されない。
[br num=”1″] これってなんでこんなことになっているって泣きたくなりますよね。。

島村竜一
思わずお金返せ!!って叫びたくなりますよね。

じつはそれってコンバージョンボタン(問い合わせボタン)がないだけかもしれませんよ。
[br num=”1″]

あなたのホームページに結果を出す為の問い合わせボタンはありますか?

ホームページにしろ、
ブログにしろ、
見られているだけでは
なんの意味もありません。

社長
見てもらっている間にファンになってもらうんだ!!!!!

いわゆるブランディングというものです。

このまま続ければいつか成功します。
続けることがあなたの成功を呼びます。

・・・・

・・・

・・

継続こそ成功する秘訣とはいえ、結果のでないやり方をいつまでも続けてはいけません。

いつか成功すると言っている間に。。

そんなことにをいっている間にジリジリとジリ貧になってしまいます。

ご存知でしたか?

独立して成功している起業家はごくごくわずかです。

成功する起業家はほんのごく一部。開業の失敗率は90%。
こんなにも多くの人が失敗して10年以内に廃業しているのが現実なのです。

開業支援パートナーズ

ビビらせているわけではないですがインターネットで検索するとこんな情報がゴロゴロと。。
[br num=”1″] [blogcard url=”http://www.kaigyou-shien.net/article/14736151.html”] [blogcard url=”http://lets-business.com/failure/probability/”] [br num=”1″][br num=”1″]

あなたは失敗したいですか?

だれだって失敗なんてしたくないですよね。

そうならないために売り上げをキチンとあげるための施策を打つ必要があります。

ではどうしたらいいのか?

ただブログのPVをあげるのではなく結果を出す為の目的をハッキリさせる必要があります。

ホームページに訪れてくれたユーザに問い合わせをしてほしいものです。

問い合わせというのは

申し込み
購入
資料請求
問い合わせ

があたります。

WEB業界では問い合わせを呼ぶためのボタンのことを

コンバージョンボタンもしくは
Call to Action Button(コール トウ アクションボタン)と言います。

Call to Action Button(コール トウ アクションボタン)はその名の通り
行動を呼びかけるためのボタンになります。

Call to Action Button(コール トウ アクションボタン)をできるだけ
目立たせて問い合わせを増やすことが大切です。

実際ホームページを作り替えなくても
Call to Action Button(コール トウ アクションボタン)
を作り変えるだけで問い合わせが増えたという事例もあります。

【動画あり】WordPressカンタン君を使ったコンバージョンボタンの作り方

これは便利

WordPressカンタン君を使うとボタンを後で一括で直すことができるグループ機能があります。

これが実はむちゃくちゃ便利なんです。

グループ機能ってなんのことか分からない。
そういう人が多いですよね。

例えば
「購入はこちらから!8月6日まで限定商品」
「イベントの申し込みはこちらから残り3名まで」
などの限定のボタンを作ったとします。

これをブログに何回も書くと後で修正するのは大変ですよね。
残り2名
残り1名
なんていう風にドンドン カウントアップしていくと
もりあがりますよね。

ボタンのグループ化をすると一括で文言を統一できるので
ものすごく便利です。

動画でも解説しているので是非見てくださいね。

まとめ:どんなにPVがあっても問い合わせがなければなんの意味もない!

どんなにホームページにPVがあっても問い合わせがなければ
売り上げにつながりません。

売り上げをあげるためにも地道に
Call to Action Button(コール トウ アクションボタン)
のクリック率をあげていきましょう。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

この記事がすこしでもお役に立てれば嬉しいです。

島村竜一でした。

この記事が気に入ったら
ぜひいいねをお願いしますね。

Twitter で